往診専門!仙台の動物病院

当院のワクチンについて

当院のワクチンについて

<はじめに>

当院は国内で一般化されてる混合ワクチンの毎年接種を勧めておりません。毎年接種による過剰免疫を防ぐため成犬・成猫の混合ワクチンの追加接種を3年1回で勧めております。 その際に懸念されるワクチン効力の低下を配慮し、免疫に不安な子に対しては犬ワクチチェック(犬ワクチン抗体チェックキット)を導入し、お勧めしております。

このページでは、飼い主さまにもワクチンをよりよく理解していただき、しっかりした知識を身に付けていただきたく、ワクチンについて説明させていただきます。


ワクチンとは

病原性のウイルスを弱毒化または不活化したもので、これを体に接種することで一定の期間免疫力を確保することが可能となります。


ワクチンの種類

犬5種(6種)ワクチン
感染すると生命に危険を及ぼす可能性のあるパルボウイルス、アデノウイルス、ジステンパーウイルスの感染予防とケンネルコフと呼ばれるカゼに似た症状をもたらすウイルス2種の予防を行なえるワクチンです。 パルボ、アデノ、ジステンパーの予防は重要視されていることから、コアワクチン(核となるワクチン)と呼ばれています。このワクチンは一般的に持続性に優れています。
 

※5種と6種の違いはコロナウイルスの感染予防の有り無しです。コロナウイルスはパルボウイルスと一緒に感染すると重い腸炎をもたらしますが、パルボウイルスさえ予防できていれば、特に問題にならないため、5種と6種のワクチンは病気の予防の点では大差はありません。

犬7種(9種)ワクチン
上記の5種ワクチンに加えて、レプトスピラが加わったものです。レプトスピラは不活化ワクチンという持続性の短いワクチンのため、定期的な追加接種(毎年)が必要です。
 

※7種~9種の違いですが、レプトスピラの亜種(枝分かれした種)の数の違いになります。レプトスピラの予防という点では大差はありません。


<レプトスピラとは>
日本各地で発生はありますが、かなり稀な病気です。犬が発生した場合、感染犬の腎臓にレプトスピラを保有し、尿から排出します。ヒトにも感染する可能性はあります。症状はウイルスの型によって、黄疸や出血がみられ、最終的には激しい腎不全の症状から死亡することもあります。レプトスピラは尿から感染を起こすことから、他の犬の尿をよく舐めるクセがある犬は要注意です。

猫3種ワクチン
猫かぜであるヘルペス、カリシ、重い腸炎を起こすパルボの予防ワクチンです。弱毒化ワクチンのため持続性に優れています。
 
猫白血病ワクチン
猫の白血病を予防するワクチンです。上記のワクチンと混合された4種ワクチンというものも発売されています。当院では通常取り扱いがございませんのが、取り寄せも可能ですのでご希望の方はご相談下さい。
 

<猫白血病ウイルス>
白血病やリンパ種のような血液の癌を発生させたり、免疫低下によりさまざまな病気を引き起こします。胎盤や唾液から感染するため、新しく仔猫を迎えたり、外に出てノラ猫と接触する可能性のある子は注意が必要です。
猫エイズのワクチンも発売されてますが、当院では取り扱いがございません。


ワクチンプログラム

当院推奨のワクチンの接種間隔です。ワクチンは一定の間隔で投与しなければ、その免疫効果が無くなってしまいます。そのため、追加接種をおすすめしております。とくに、1年目は免疫力が安定しないため、短期間での数回の追加接種をお願いしております。
※このプログラムは、アメリカにある「世界小動物獣医協会」での、ワクチンガイドを参考にして制作してます。

生後4ヶ月以下の子犬、子猫(犬6種ワクチン、猫3種ワクチン)
生後2ヶ月目で初回、以後1ヶ月ごとに2回目、3回目と接種し、生後4ヶ月目で接種完了、翌年以降は3回目のワクチン接種から1年後に追加接種、それ以降は3年に1回でOKですが、 高齢や病気などで免疫が弱い子や、3年に1回では不安という飼い主さんには、毎年のワクチン抗体チェックをお勧めしております。
 
生後4ヶ月以上の犬、猫(犬6種ワクチン、猫3種ワクチン)
初回接種後、1ヶ月後に2回目接種。翌年以降は、2回目の接種から1年後に追加接種。それ以降は上記と一緒です。
 

※ペットホテルやトリミングなどの施設利用やサービスの利用の関係で、毎年接種を希望される方は、毎年接種いたします。


ワクチン抗体チェック

ワクチンの効力(抗体価)を調べることで、当院では「犬のワクチチェック」という簡易的にコアワクチン(パルボ、アデノ、ジステンパー)の抗体価を調べるキットを導入し、抗体価チェックを実施しております。 この検査で効力陽性と判定された場合はワクチンの効果が十分残っていますので、その年のワクチン接種の必要はありません。 血液1滴あれば検査可能で、体に負担はかかりませんのでお気軽にご相談下さい。


検査代金 5,000円   (税別、別途往診代がかかります)


※尚、猫についても抗体チェックは必要ですが、簡易抗体チェックがまだ発売されておらず、外部検査機関に委託することから、検査代金が高価になってしまうため、今のところ積極的にはお勧めしておりません。



携帯:080-4405-0196 FAX:022-290-0641 電話受付時間:AM6:00-PM10:00

information

移動アニマルクリニック浜口
〈事務所〉
〒983-0043
宮城県仙台市宮城野区萩野町3丁目
携帯
080-4405-0196
FAX
022-290-0641
電話受付時間
AM6:00-PM10:00
休診日
不定休
仙台唯一の往診専門アニマルクリニックです。ご自宅に訪問して診察をするので、病院に連れて行くストレスを軽くできます!往診してくれる動物病院をお探しのかたは当院にお任せ下さい!ペットが病気や怪我で調子が悪い時に、すばやく駆けつけます!