往診専門!仙台の動物病院

当院のワクチンについて

当院のワクチンについて

ワクチンとは : 病原性のウイルスを弱毒化または不活化したもので、これを体に接種することで一定の期間免疫力を確保することが可能となります。



ワクチンの種類

犬5種ワクチン  (ジステンパー、パルボ、ケンネルコフなど予防ワクチン)
弱毒化ワクチンのため持続性に優れています。
 
犬7種ワクチン  (上記の5種ワクチンに加えて、レプトスピラが加わったもの)
レプトスピラは不活化ワクチンという持続性の短いワクチンのため定期的な追加接種が必要です。
 

<レプトスピラとは>
日本各地で発生はありますが、かなり稀な病気です。 犬が発生した場合、感染犬の腎臓にレプトスピラを保有し、尿から排出します。 ヒトにも感染する可能性はあります。 症状はウイルスの型によって、黄疸や出血がみられ、最終的には激しい腎不全の症状から死亡することもあります。 レプトスピラは尿から感染を起こすことから、他の犬の尿をよく舐めるクセがある犬は要注意です。

猫3種ワクチン  (猫かぜであるヘルペス、カリシ、重い腸炎を起こすパルボの予防ワクチン)
弱毒化ワクチンのため持続性に優れています。
 

他に猫白血病ワクチンや猫エイズのワクチンも発売されてますが、
当院では取り扱いがございません。

ワクチンプログラム

当院のワクチンの接種間隔です。 ワクチンは一定の間隔で投与しなければ、その免疫効果が無くなってしまいます。 そのため、追加接種をおすすめしております。 特に、1年目は免疫力が安定しないため、短期間での数回の追加接種をお願いしております。
※このプログラムはアメリカでのワクチンガイドを参考にして制作してます。

生後4ヶ月以下の子犬、子猫(犬5種ワクチン、猫3種ワクチン)
生後2ヶ月目で初回、以後1ヶ月ごとに2回目、3回目と接種し、生後4ヶ月目で接種完了
翌年以降は3回目のワクチン接種から1年後に追加接種
それ以降は3年に1回でOKです(十分に効果が持続します)
 
生後4ヶ月以上の犬、猫(犬5種ワクチン、猫3種ワクチン)
初回接種後、1ヶ月後に2回目接種、翌年以降は、2回目の接種から1年後に追加接種
それ以降3年に1回でOKです(十分に効果が持続します)
 

※現在、日本国内の獣医療では毎年のワクチン接種が推奨されているため、ペットホテルやトリミングなどの施設利用やサービスの利用の関係で、毎年接種を希望される方は、毎年接種いたします。

特殊ワクチン

犬7種ワクチン
1年目は、子犬成犬問わず5種ワクチンと一緒ですが、レプトスピラの効果持続の関係で2年目以降は毎年接種が必要です
 
猫白血病ワクチン
猫3種ワクチンと一緒です。ただし、接種前に血液検査にて白血病にかかってないことを確認する必要があります。
 
猫エイズワクチン
1年目は(仔猫、成猫問わず)1ヶ月ごとに3回接種が必要です。翌年以降は毎年接種が必要です。
 


携帯:080-4405-0196 FAX:022-290-0641 電話受付時間:AM6:00-PM10:00

information

移動アニマルクリニック浜口
〈事務所〉
〒983-0043
宮城県仙台市宮城野区萩野町3丁目
携帯
080-4405-0196
FAX
022-290-0641
電話受付時間
AM6:00-PM10:00
休診日
不定休
仙台唯一の往診専門アニマルクリニックです。ご自宅に訪問して診察をするので、病院に連れて行くストレスを軽くできます!往診してくれる動物病院をお探しのかたは当院にお任せ下さい!ペットが病気や怪我で調子が悪い時に、すばやく駆けつけます!