ワクチン抗体検査 往診専門!仙台の動物病院

ワクチン抗体検査

抗体検査導入について

当院のワクチンは、「世界小動物獣医協会」でのワクチンプログラムに基づいて、2年目以降の追加接種を3年に1回でお勧めしておりますが、2015年に「世界小動物獣医協会」でのワクチンプログラムが、以下のように改正されたことによるものと、院内抗体検査キット(犬ワクチンチェック)の発売にともないまして、犬の院内抗体検査を導入いたしました。


「世界小動物獣医協会」の犬猫ワクチンプログラム改正内容

改正前
8~9週齢で1回目、3~4週間隔で2回目、ラストは生後14~16週齢で1年目終了。
その後1年後に追加接種し、以降の追加接種は最低3年は空けること。
 
2015年改正後
8~9週齢で1回目、3~4週間隔で2回目ラストは14~16週齢で1年目終了。
その後半年後に抗体テストを受け、ネガティブ(効果が弱ければ)なら追加接種、
その後の接種は最低3年空けること。
 

海外の発表では、ワクチン接種後9年以上抗体が持続する例もあり、こういった抗体維持が長い犬は3年に1回でも過剰免疫になってしまう場合もあるみたいです。日本国内の発表でもほとんどの例で4年間の免疫持続が確認されたとの報告もあります。これに対し、高齢や糖尿病などの免疫に影響がでる個体において抗体が1年もたない例もあるとのことです。

こうした背景から効力を維持し、過剰免疫を防ぐという目的でワクチン抗体検査はとても重要です。


抗体検査について

抗体検査の項目は、犬のジステンパー、アデノウイルス、パルボウイルスです。
この3つは感染するととても重い症状を発症することがあるので、ワクチン接種の
核となることから「コアワクチン」と呼ばれています。


検査後には検査報告書を発行いたします。

検査報告書

検査代金 5,000円   (往診料込み、別途消費税)


あくまで、必修ではありませんが、血液1滴で検査可能ですので、カラダに負担はかかりません!興味のある方はお気軽ご相談下さい。


ワクチン接種について

ワクチンはうてばいいというものではありません!
ワクチンの過剰摂取は、からだにもなんらかの影響を与えるともいわれています!
これからは毎年ワクチンをうつ時代ではありません!!
抗体価をはかり効力が落ちたときのみ接種する時代です!
みなさん、ワクチンの過剰摂取を見直してみませんか?


「高齢犬でワクチンを見送りたいけど、病気になるのが怖い」という方には、
抗体検査は特におすすめです!


※尚、猫については、外注検査になりますので、1項目6,000円程度かかってしまうため、積極的なおすすめはしておりません。



携帯:080-4405-0196 FAX:022-290-0641 電話受付時間:AM6:00-PM10:00

information

移動アニマルクリニック浜口
〈事務所〉
〒983-0043
宮城県仙台市宮城野区萩野町3丁目
携帯
080-4405-0196
FAX
022-290-0641
電話受付時間
AM6:00-PM10:00
休診日
不定休
仙台唯一の往診専門アニマルクリニックです。ご自宅に訪問して診察をするので、病院に連れて行くストレスを軽くできます!往診してくれる動物病院をお探しのかたは当院にお任せ下さい!ペットが病気や怪我で調子が悪い時に、すばやく駆けつけます!